スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<高速料金>政府、上限制度見直しを検討へ 小沢氏の指摘で(毎日新聞)

 政府・民主党は21日、鳩山由紀夫首相や小沢一郎幹事長らによる首脳会議を首相官邸で開き、国土交通省が今年6月から導入すると発表した高速道路の新たな上限料金制度について、見直しを検討することで一致した。小沢氏が「一部値上がりしているのはおかしい」と指摘し、首相も「引き取らせてもらう」と受け入れた。政府がいったん公表した新料金制度を事実上撤回する方向になったことで、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題に続き「決められない政権」の混迷ぶりと求心力低下があらわになった。

【上限料金制って?】高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

 実質値上げとなる新料金制度には参院選への悪影響を懸念する党内から異論が出ていたが、問題が鳩山首相と小沢幹事長が出席する首脳会議の場までもつれこんだ背景には小沢氏の強い意向がある。

 小沢氏は会議で「いままで民主党が言ってきた高速道路無料化という概念に新料金制度は入るのか」と指摘し、新料金制度が09年衆院選の政権公約(マニフェスト)で掲げた「高速道路無料化」に違反すると突きつけた。平野博文官房長官は会議後、記者団に「ごろっと変えることはありえない」と強調する一方で「(新料金制度が)民主党が主張してきたことにあっているのか、もう一度検証させる」と述べ、基本的に小沢氏の考えに沿って見直す考えを示唆した。22日にも国交省に再検討を指示する。

 新料金制度を巡っては、最大3割引きなど手厚い現行割引の継続を求めるトラック業界や、流通コスト増大でダメージを受ける地方からの反発が強い。民主党トラック議連事務局長の石井章衆院議員は15日、国会内で小沢氏と会った際、全国の運送業者などから苦情が多数寄せられていることなどを伝えた。小沢氏は「もう一回、精査しないといかんな」と述べたという。

 小沢氏は21日午前、山岡賢次国対委員長から「(マニフェストでは)無料化のはずが、値上げになるのは納得できないという意見が党内に多い」との報告を受け、首脳会議前に国会内で馬淵澄夫副国交相と会った際には「複雑で分かりにくい」と新料金制度を批判したという。

 しかし、そもそも新料金制度が実質値上げになったのは、小沢氏が昨年末の政府への党の要望で、国が料金割引用として道路会社に支援している財源(08年度から10年間で計約3兆円)を道路建設に転用するよう求めたためだ。当初、前原誠司国交相は反発したが、結局、割引財源を東京外郭環状道路などの道路建設費(約1・4兆円)に回せるようにする道路財政特別措置法案を提出、割引に使える財源は約半分に減ることになる。

 こうした事態に、民主党の川内博史・衆院国土交通委員長が公然と反発。法案審議が進まない異常事態になっている。川内氏は「(昨年の党要望で)小沢氏は、地方の不採算道路の建設、1000億円程度に財源を回せと言っただけで、国交省はやりすぎだ」と指摘し、財源が地方だけではなく外環など都市部の道路建設に充てられることを批判する。

 しかし、政府がいったん公表した制度を「選挙優先」で修正すれば、政権の無定見ぶりがあらわになり、内閣支持率の低迷に拍車がかかる可能性もある。【大場伸也】

【関連ニュース】
<高速道新料金>夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
<党内にも反対意見>高速料金制度:民主党の川内氏が異議 足並みの乱れが露呈
<高速料金>エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
<記者の目>高速道路「上限2000円」の新料金=位川一郎

全国15カ所で制限速度緩和検討(産経新聞)
竹島抱える隠岐の島町、外国人参政権「反対」意見書採択(産経新聞)
<東北新幹線>緊急ブレーキ作動で一時運転中止 7千人影響(毎日新聞)
仕分け第2弾 ネット競演で盛り上がるか?(産経新聞)
<通天閣ロボ>「一日署長」で犯罪防止に活躍 大阪・浪速署(毎日新聞)
スポンサーサイト

“過失”受け入れ難い副署長、沈黙のまま 明石歩道橋事故(産経新聞)

 4度の不起訴の末、ついに法廷に立つことになった明石署元副署長、榊被告。被告を知る関係者は「本人は申し訳ないという気持ちで懸命に取り組んでいた。過失があったとは受け入れ難いだろう」と話した。

 20日午前、神戸市須磨区にある榊被告の自宅の扉は閉じられたまま。家人の女性がインターホン越しに「(榊被告は)いません」と答えるのみで、コメントなどが出されることもなかった。

 平成19年に元署長が死亡後、事故にかかわった警察幹部として、遺族らが処分に最も関心を寄せた榊被告。昭和44年に県警に採用後、署の刑事課長などを経て平成7年に警視に昇任。12年3月に明石署副署長に就任し、約1年半後に事故が起きた。その後警察学校管理官や運転免許試験場長を務め、17年1月に定年前の57歳で辞職。現在は県内の量販店で働いている。

 榊被告を知る県警関係者は「口数が多い方ではなく、黙々と仕事をするタイプ。仕事には厳しく、決裁内容に不満があれば、声を荒らげる一面もあった」と語る。

 また別の関係者は「事故後は副署長の立場から報道対応などに懸命に取り組んでいた。本人はずっと遺族に『大変申し訳ない』との気持ちを抱いているはずだが、一方で過失があったとは受け入れ難いだろう」と話した。

 今月15日に指定弁護士から事情聴取を受けた際は、「あなたのためにもなる」として取り調べの録音・録画を打診されたが、「遠慮してほしい」とかたくなに拒否、指定弁護士は「全面可視化」につながる録音・録画を断念したという。

 ある県警関係者は「副署長は指揮のトップではないし、署長や現場の警察官とは役割が異なる。市民感覚から起訴すべきだというのは受け入れざるを得ないが、本人も複雑な思いなのではないか」と、榊被告の心情を推し量った。

【関連記事】
次席検事「必要な協力を行う」 明石歩道橋事故で元副署長を強制起訴
検察官役弁護士「有罪を確信」 明石歩道橋事故で元副署長強制起訴
強制起訴、有罪立証へ 明石歩道橋事故“急造検察官”困難な道
JR脱線、立証へ高いハードル 「市民感覚」過剰制裁の危険性も
「正義って何ですか?」「本当に汚い」…永ちゃんvsものまね芸人の仁義なきバトル
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<障害者自立支援法>「違憲」訴訟 名古屋地裁でも和解(毎日新聞)
「肉や角、高く売れる」逮捕の“矢ジカ”男(産経新聞)
夫婦の不仲のつけを背負わされ… 奈良・桜井市男児餓死事件(産経新聞)
日航、全日空3便引き返し=アイスランドの火山噴火で-成田空港(時事通信)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)

恩讐超え橋下知事と連携 今夜発足「維新の会」(産経新聞)

 堺市の自民系市議5人が19日、堺市役所内で会見し、大阪府の橋下徹知事が代表に就任する地域政党「大阪維新の会」への合流を表明。これにあわせて同日に、堺市議会で新会派「大阪維新の会」を発足させた。市議らは「今の行政の仕組みでは子や孫に借金を残すだけ。知事と連携し、新しい仕組み作りに参画したい」と語った。

 ■事実上の“橋下党”

 合流するのは、堺市議会「自民党・市民クラブ」に所属する馬場伸幸、北野礼一、西井勝、西林克敏、米田敏文の5市議。4月初旬に維新の会に加わる府議らから府と大阪市の再編などをまとめたマスタープランの説明を受けて参加を協議し、堺市議の意見を反映させることを条件に参加を決めた。

 市議らは昨年の堺市長選で、各党相乗りで支持した現職市長に対して、現市長の竹山修身氏を応援した橋下知事と対立。馬場議員は「知事へのアレルギーは残っているが、知事の強烈なリーダーシップがなければ仕組みを変えることはできない。恩讐(おんしゅう)を超えてやっていきたい」と連携を強調した。

 18日に堺市議らと会談した橋下知事は「基本的な枠組みについて合意ができた。非常に感謝しており、構想実現に向けて一緒に戦っていきたい」と述べた。

 「大阪維新の会」をめぐっては、府市再編などを掲げる知事に賛同する府議22人が今月1日に同名の新会派を府議会で設立。これらのメンバーを中心に19日午後に大阪市内のホテルで旗揚げされる予定で、事実上の「橋下新党」となる。

 新党には現時点で、この日会見した堺市議5人を含め、府議24人、大阪市議1人の計30人が参加を表明。ほかにも数人が加入の意向を示しており、35人前後までふくらむ可能性がある。

 新党は国会議員を選出しないため、政治資金規正法上の「政党」には該当しない。橋下知事はこれまでに「あくまで大阪を変えるという一点でやっていきたい」として、山田宏東京都杉並区長と中田宏前横浜市長らが結成した「日本創新党」とは一線を画す考えを示している。

【関連記事】
橋下新党に戦々恐々「黒船が来た」と政令市議
新党参加の坂井大阪市議が会見 「橋下知事に共感」
大阪市議の弁護士が「橋下新党」に参加へ
首長新党 流れ変える勢力の結集を
山田宏 東京都杉並区長(52) 日本創新党旗揚げ 首長ら「現状打破」
外国人地方参政権問題に一石

赤いシャボン玉を公開=長女の夢、山崎さんが宇宙で(時事通信)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
「独法管理部門のチェック機能は甘い」―省内仕分けで長妻厚労相(医療介護CBニュース)
【イチから分かる】大阪都構想 府と市を「都」に再編(産経新聞)
井上ひさしさん 9日に死去、75歳…小説家・劇作家(毎日新聞)

休憩時間中の医院で盗み=計40件か、容疑で無職男逮捕-警視庁(時事通信)

 歯科医院の休憩時間中に現金を盗んだとして、警視庁愛宕署が窃盗容疑などで、横浜市中区、無職田中清治被告(52)=起訴=を逮捕していたことが7日、同署への取材で分かった。
 同署によると、容疑を認め、「遊ぶ金が欲しかった」と供述。昨年夏以降、東京都港区や横浜市などの歯科医院や眼科医院など約40カ所で、休憩時間中に職員の財布やレジから約270万円を盗んだと供述しているという。
 逮捕容疑は昨年11月18日午後、港区虎ノ門の歯科医院で、事務所の机の引き出しにあった現金約39万円を盗んだ疑い。 

【関連ニュース】
銭湯ロッカーから現金盗む=容疑で法務局職員再逮捕
米寿祝いの宴会費ひったくり=67万円入りバッグ
貴金属店窃盗、男を再逮捕=大阪市内で1500万円相当
上野公園で花見客財布盗み殴る=容疑でJR東車掌逮捕
防犯完備の高級住宅狙い空き巣=容疑の韓国人2人逮捕

東大と医学部目指す「エリート校」 幸福の科学が全寮制中高を開設(J-CASTニュース)
参院選へ新党結成=10人以上を擁立-山田杉並区長ら(時事通信)
女性変死、傷害致死容疑の弟らが日常的に暴行か(読売新聞)
職質から逃走、カーチェイス5キロ 44歳男を逮捕 接触で2人けが(産経新聞)
平沼新党、午後に旗揚げ(時事通信)

<与謝野氏>新党8日にも旗揚げ 「私は応援団」と石原知事(毎日新聞)

 新党結成に向け自民党に離党届を出した与謝野馨元財務相は4日、フジテレビの番組で、平沼赳夫元経済産業相らと結成する新党について「当然、今週中には立ち上げる」と明言した。8日にも旗揚げする見通し。両氏は5日、自民党の園田博之前幹事長代理らを交えて、新党が掲げる政策や新党の名称、参加メンバーなどを協議する。

 与謝野、平沼両氏の関係者によると、新党は国会議員5人で発足する。園田氏と自民党の藤井孝男元運輸相が参加するほか、中川義雄元副内閣相や鴻池祥肇元官房副長官らの名前が取りざたされている。平沼グループの無所属、小泉龍司、城内実両衆院議員も新党結成後に合流する可能性がある。園田氏は4日、テレビ朝日の番組で「人数は少ないが、危機感を持っている人が集まる。参院で与党を少数にし、政策を変更させないと日本は劣化する」と語った。

 新党入りに意欲的な鳩山邦夫元総務相は一両日中に平沼氏と会談する。鳩山氏は4日、東京都内で記者団に「一緒に行動したいという自民党の若手議員がいるので協議しなければならない」と述べるにとどめ、新党入りは明言しなかった。昨年の衆院選で落選した中山成彬元国土交通相は4日、毎日新聞の取材に、新党に参加する意向を表明した。

 石原慎太郎東京都知事が平沼、与謝野両氏の仲介役として新党に協力していることも明らかになった。石原氏は4日、与謝野氏とともにフジテレビの番組に出演し、「私は応援団だから。チアガールだから」と語った。

 しかし、与謝野氏らの新党に対しては、与野党通じて「大きな広がりはない」という冷ややかな見方が大勢だ。

 福島瑞穂消費者・少子化担当相は4日、甲府市で記者会見し、「新党に加わる人の顔ぶれはミニ自民党。参院選では自民党に打撃になるだろう」と指摘した。枝野幸男行政刷新担当相は都内で記者団に「興味も関心もまったくない」と述べた。【野原大輔、小林悠太、石田宗久】

【関連ニュース】
与謝野元財務相:新党結成で合意 平沼元経産相代表就任へ
与謝野氏離党:谷垣氏「残念」、亀井氏「今後の行動期待」
与謝野元財務相:離党届を提出 新党結成へ動き活発化
自民:新党結成の動き本格化 分裂に現実味
与謝野氏:新党結成へ、来週にも離党 平沼氏と会談

【中医協】「調査方法の工夫必要」―診療報酬改定結果検証部会(医療介護CBニュース)
男子バレー監督 部員にわいせつ 奈良の県立高(産経新聞)
平沼・与謝野新党は最悪のコンビ 共産・市田氏(産経新聞)
堀江被告財産への強制執行停止、競売も中止に(読売新聞)
男性の育休、進めばメリット(産経新聞)

トラック正面衝突、2人死亡=国道で4台事故-長野(時事通信)

 4日午後6時5分ごろ、長野県塩尻市贄川の国道19号で、走行中のトラックが対向車線にはみ出し、前方から走ってきたトラックと正面衝突した。双方のトラックの男性運転手2人は、いずれも病院に運ばれたが、死亡が確認された。
 県警塩尻署は身元の確認を急ぐとともに、事故原因を調べている。 

【関連ニュース】
引きずり20キロ、元運転手に一部無罪=走行車線で停車、追突受け発進
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡
逆走82歳男性、高速道で事故死=トラック2台と衝突
プロ競輪選手、はねられ死亡=国道を練習走行中
重体の小3男児も死亡=死者4人に、堤防道路事故

<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
「捜査員の労苦に敬意」=銃撃事件時効で国松元長官(時事通信)
<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
受動喫煙防止条例 神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
「夜スペシャル」施設使用は適法=塾連携の夜間有料授業-東京地裁(時事通信)
プロフィール

すだこうぞうさん

Author:すだこうぞうさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。